ここから本文です

知人女性に酒飲ませ、タトゥー入れる 傷害容疑で43歳男を逮捕

1/5(金) 19:37配信

産経新聞

 知人女性に酒を飲ませ、眠っている間にタトゥー(入れ墨)を入れたとして、警視庁上野署は5日、傷害容疑で東京都目黒区目黒本町の職業不詳、小林直広容疑者(43)を逮捕した。調べに、「やりました」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月15日未明、台東区秋葉原の雑居ビルの一室で、当時19歳の知人女性に酒を飲ませて昏睡状態にさせ、安全ピンなどを使って女性の尻に自分のイニシャルの「N」の文字のタトゥーを施したとしている。

 女性が母親に相談し、上野署に被害を届け出た。

最終更新:1/6(土) 0:06
産経新聞