ここから本文です

富岡八幡宮の初詣客8割減少

1/5(金) 22:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

女性宮司が弟らに殺害される事件が起きた富岡八幡宮で、初詣に訪れた人の数が、激減したことがわかった。
富岡八幡宮には、例年、正月3が日に、およそ15万人が訪れるが、2018年は、8割近く減り、およそ3万5,000人だったという。
この事件は、2017年12月、女性宮司の富岡長子さん(58)らが、弟の茂永容疑者(56)と、妻の真里子容疑者(49)に日本刀で襲われ殺害されるなどしたもので、茂永容疑者は、真理子容疑者を刺殺したあと、自殺している。
警視庁は、2人を、容疑者死亡のまま殺人などの疑いで書類送検する方針。

最終更新:1/5(金) 22:00
ホウドウキョク