ここから本文です

<亀梨和也>今年の抱負は「びびりな自分に勝つ」

1/6(土) 17:14配信

まんたんウェブ

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが6日、東京都内で行われた主演を務める連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系)の制作発表会見に、共演者らと出席した。ドラマは、マスコミの報道によって自殺した母のために、メディアに復讐(ふくしゅう)を誓った主人公の物語で、復讐劇に初挑戦する亀梨さんは「復讐劇は初めて。関西テレビのお仕事も初めて。僕自身、先日、発表になったKAT-TUNのスタートと同じように一歩踏み出すのは幸せと日々かみしめながら撮影しております。今の時代だからこそのテーマに正面から切り込んでいく作品をみんなで作っています」と語った。

【写真特集】豪華キャスト登壇! シースルーワンピで大人っぽい橋本環奈も

 また、亀梨さんは今年の抱負を聞かれ「いろいろな局面で、びびりな自分に勝つ。怖い物知らずということではなく、しっかりできる大人になりたいです。慎重かつアグレッシブな年にしたい」と意気込んだ。

 この日は、共演の藤木直人さん、栗山千明さん、橋本環奈さん、杉本哲太さん、水野美紀さん、林遣都さん、お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうさん、「Hey! Say! JUMP」の高木雄也さんも出席。会見では、それぞれが、自身や共演者の意外な一面を暴露する場面があり、亀梨さんは「僕の性格はあまのじゃく(笑い)。メディアの中での亀梨和也は、スポーツだったり、アイドルだったり、いろいろな一面で切り取られ受け取り方によって違う印象がある。ストイックって言われたりもしますが、家では素っ裸でぐうたらしています」と語った。

 やついさんは、亀梨さんとの共演シーンが時間の関係で十分に撮影できなかったというエピソードを披露し、「撮影の時間が押して、亀梨君に待たせてしまったことを謝ったら『役者は待つのが仕事ですから』ってかっこよく言われた」と明かした。また、亀梨さんの所属事務所の後輩の高木さんは、亀梨さんについて「(演じる)幼なじみでタメ口を利く役に、どうしようって思っていたら『2人で食事に行こう』って言ってくれて。そういうことを考えてくれている先輩がかっこいい」と話し、後輩思いの一面を明かされた亀梨さんは「役が入ってたんだと思う」と苦笑交じりに明かした。

1/2ページ

最終更新:1/9(火) 21:27
まんたんウェブ