ここから本文です

加入者数70万人を突破! 2017年11月のiDeCo加入状況と掛け金の平均額

1/6(土) 20:35配信

投信1

2018年1月4日、「iDeCo公式サイト」で2017年11月のiDeCo加入者数や、加入者の種別ごとの掛け金の平均額などが公表されました。

2017年11月の新規加入者数は約2.7万人。加入者の総数は約71.2万人に

iDeCo公式サイトで公開されている「iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数等について」によると、2017年11月の新規加入者数は26,661人でした。2017年10月(36,754人)に比べると新規加入者数が約1万人減っていますが、年末年始に資産運用について検討した人のアクションや、1月上旬に放映されるテレビCMの効果などによって、今後加入者数の伸びに新たな動きが出てくるかが注目されます。

また、2017年11月時点の加入者総数は712,081人となりました。2018年1月からは掛け金を年1回以上、任意に決めた月にまとめて拠出(年単位拠出)することも可能になります※
。こうした取り組みによって、iDeCoが広く浸透していくのかどうかにも期待したいところです。※年単位拠出の取扱いにはルールがあります。詳細はiDeCo公式サイトでご確認ください。

掛け金の拠出状況は?

では、すでにiDeCoを始めている人は月々いくらずつ積み立てているのでしょうか。

「iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入等の概況(平成29年11月時点)」によると、第1号加入者(自営業者など)の掛け金の平均は27,170円、第2号加入者(会社員、公務員など)の平均は14,440円となっています。

最大で月々68,000円まで積み立てられる自営業者ですが、半数近くの加入者が5,000~14,000円の範囲で積み立てているようです。一方、65,000~68,000円に設定している人も約2割いることから「無理のない範囲でコツコツ」という人と「老後のためにしっかり」という人に二極化する傾向があるといえます。

一方、会社員などの第2号加入者のうち、企業年金のない会社に勤める人(拠出限度額23,000円)の場合、掛け金の平均は16,123円であるものの、半数以上の人が限度額いっぱいに近い20,000~23,000円を毎月積み立てていることがわかります。

さらに、公務員などの共済組合員(拠出限度額12,000円)に関しては、加入者の約9割が掛け金額を10,000円以上としており、掛け金の平均も11,159円と拠出限度額に近い状況になっています。

1/2ページ

最終更新:2/14(水) 19:20
投信1