ここから本文です

小島聡が「5日間ですでに3試合。このままの計算でいけば2018年は380試合やる」と『1+1=200は10倍』ばりの新春コメント

1/6(土) 21:24配信

バトル・ニュース

 5日、新日本プロレス『NEW YEAR DASH !!』が後楽園ホールで開催され、試合を終えた小島聡からかつてのコメントを彷彿とさせる言葉が飛び出した。

 この日の第1試合では天山広吉&小島聡&永田裕志&中西学vs岡倫之&海野翔太&成田蓮&八木哲大による第三世代vsヤングライオンの試合が行われ、ヤングライオンがそれぞれの強みを活かした攻撃で会場を沸かすも、海野が小島にエルボー連打から顔面を張り走り込んだ所を小島がラリアットで沈め3カウント。

 試合後に第三世代はそれぞれ、
永田裕志「今年に入って3つ試合やったけど、ちょっとまだ物足んなかったかな。まだこれからCMLLのシーズンが始まりますからギスギスすることになるかもしれませんけど、頑張っていきたいと思います」

中西学「若い選手勢いは凄かったけど、失敗を恐れずにこないと。思いの丈を相手にぶつけてそのまま相手を潰すくらいやらないと。そうすりゃ悔いは残らへんよ」

天山広吉「2018年も3日から始まって昨日のバトルロイヤル、そして今日の試合。ヤングライオンもね、若いのはどんどん来ないと。こっちは『待ってました』って感じにならんと。若いっていうのは武器にしないと。こっちが『これはヤバイな』って思うくらい来て欲しい。まだまだ彼らは伸びると思うし、これからの新日本プロレスの未来は彼らの伸びしろにかかってるわけやから。その壁となって2018年も頑張っていきます」

小島聡「2018年に入って5日が経過しました。そしてその5日間の中で既に3試合くらいやってます。ということは、このままの計算でいけば2018年は380試合くらいはやってると思うんで、その計算でいけば、その試合に耐えられるだけの身体と体力が私に残っていると思いますので、2018年もよろしくお願いします」
 とコメント。

 かつて小島は「1+1は2じゃないぞ。オレたちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍!」というコメントを残しているが、その言葉に匹敵する計算のコメントが新春から飛び出した。