ここから本文です

日本のコメ、減反廃止のウラで輸出急増中 でも国内消費は減少止まらない

1/7(日) 17:57配信

J-CASTニュース

 2018年産から国によるコメの生産調整(減反)が廃止されることを受けてか、コメの輸出が増えている。

 日本産のコメの主力輸出先は、輸出数量・金額とも香港がトップ。シンガポール、米国がこれに続いている(2017年1~10月時点、財務省貿易統計)。

■最近5年で4.7倍増

 コメの輸出は、最近の5年で4.7倍も増えている。2011年に、輸出数量が2129トン、金額で6億8300万円だったが、16年には数量で9986トンと1万トンに迫り、金額も27億900万円と、右肩上がりで伸びている。

 香港やシンガポール、米国のほか、中国やオーストラリア、タイ、英国、ベトナム、モンゴル、マレーシア、インドネシア、カナダやオランダなどにも輸出している。

 さらに、農林水産省の「農水産輸出入情報」(17年12月8日発表)によると、同年1~10月の累計で1万6814トン(前年同期比23.2%増)、28億8752万円(22.0%増)と、すでに前年実績を上回っている(政府による食糧援助分を除く)。

 このうち、主力の香港には数量で3250トン、金額で8億97万円を輸出。シンガポールには2303トン、5億1001万円、米国には798トン、2億5603万円を輸出している。

 コメの輸出が増えている背景のひとつには、「日本食・食文化」がユネスコ無形文化遺産(世界遺産)に登録され、日本食ブーム」が沸き起こっていることが、コメの輸出を後押ししている。

 農水省によると、2009年に340兆円をされる世界の食(加工と外食の合算)の市場規模は、2020年には680兆円に倍増する(ATカーニーが試算)とみている。また、ジェトロは海外での日本食への支持が「食」の輸出に結びついていないと指摘。輸出の重点品目として、味噌や醤油、レトルトフーズなどの加工食品や日本酒とともに、コメをあげ、欧州やロシアなどへの輸出を強めるべきという。

1/2ページ

最終更新:1/7(日) 17:57
J-CASTニュース