ここから本文です

日産、新型「リーフ」や脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」など「CES 2018」の出展概要

1/7(日) 23:38配信

Impress Watch

 日産自動車は1月7日、米国ネバダ州ラスベガスで9日から開幕する「CES 2018」の出展概要を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社は、日本ではすでに発売中の新型「リーフ」に加え、2018年モデル「ローグ」、脳波を活用した運転支援技術「Brain to Vehicle(B2V)」を出展。あわせて最新のコンセプトカー「ニッサンIMx」(東京モーターショー 2017出展モデル)も展示する。

 同社副社長のダニエレ・スキラッチ氏は、現地時間1月10日10時より開催されるパネルディスカッション“Self-Driving Cars: The Future of Personal Transportation”(Tech East, Las Vegas Convention Center, North Hall, N257)に登壇。専務のアルフォンソ・アルバイサ氏は、現地時間1月11日10時より開催されるパネルディスカッション“Design Thinking for Your Business”(Tech East, Las Vegas Convention Center, South Plaza, 62000)に登壇する。

 また、ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスでモビリティ&コネクテッドサービスのダイレクターであるクリスチャン・ルデゥ氏は、1月10日9時30分より開催される“Autonomous Vehicles in the Cities of Tomorrow”(Tech East, Westgate, Level 1, Pavilion 9)に登壇する。

Car Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:1/7(日) 23:38
Impress Watch