ここから本文です

芸能人に流行“最新パパラッチ対策”の裏に専門の不動産仲介業者

1/7(日) 16:45配信

東スポWeb

 最近、写真週刊誌や女性誌のカメラマンを悩ませているのが秘密裏に逢瀬を重ねる芸能人の住宅事情だ。以前はシティーホテルやお互いの住むマンションで密会するというのが一般的だったが、最近は事情が変わってきているという。

「スマホやSNSなどのメディアが発達した影響でホテルなどの密会は危険すぎて、基本なくなりました。代わって激増しているのが同じマンションに住むことです」と明かす写真週刊誌デスクがこう続ける。

「同じマンションの建物に別々の部屋を借りて住むパターンです。しかも、隣だったり、向かい合わせだったり…。正直、この密会だと我々はお手上げ。裏の取りようがなく、否定されたら終わりなんです」

 当然、写真誌が追いかけるのは、それなりの人気者に限られる。そんな芸能人が住むマンションは、当然セキュリティーがバッチリ。敷地内に入られたら、もはやどうすることもできない。事実、最近交際をスタートさせ、一部女性誌にスッパ抜かれた桐谷美玲(28)と三浦翔平(29)がまさにこの半同棲パターンだった。結局、決定的な写真が撮られることはなかった。

 そんな中、注目を集めているのが、芸能人を専門にする不動産仲介業者の存在だ。

「元大手芸能プロのマネジャーだった男性が立ち上げたんです。基本、一般人は相手にせず直接、紹介された人の仕事しか受けません。なので個人情報が漏れることはない。しかも、同じ階や隣、向かい合わせなどをペアで空いている部屋を常時100部屋以上もキープしているから芸能人としてはうれしいことでしょう。もちろん、契約成立時には、法定で定める仲介料の他に莫大なコンサル料が入ってくる。今後、ますますこの種の業者が勢いを増すでしょう」(事情通)

 芸能人の熱愛事情はどうなってしまうのか。

最終更新:1/7(日) 16:45
東スポWeb