ここから本文です

元日本代表FW森本、J2福岡へ完全移籍「またいつか、川崎に戻ってきたい」

1/7(日) 10:38配信

スポニチアネックス

 J2福岡は7日、川崎Fから元日本代表FW森本貴幸(29)を完全移籍で獲得したと発表した。

【写真】フランス粉砕弾を決めた森本

 川崎市出身の森本は東京Vジュニアユースに所属していた04年3月13日の磐田戦(ヤマハ)に、当時史上最年少の15歳10カ月6日で出場し、Jリーグデビュー。06年にはイタリア・セリエAのカターニアへ移籍し、イタリアでの7シーズンで104試合19得点の成績を残した。

 13年8月にJ2千葉で7年ぶりにJリーグ復帰。16年から川崎Fに加入し、17年はリーグ11試合で3得点だった。日本代表としては08年北京五輪、10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を経験している。

 森本は両クラブを通じてコメントを発表。川崎Fを通じては「2年間、お世話になりました。大好きな街、川崎に戻ってきてプレーすることが出来て良かったです。自分自身の成長の為に新しいチャレンジに挑みます。またいつか、川崎に戻ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします」とメッセージ。

 新天地となる福岡を通じては「今シーズンより、川崎フロンターレから加入することになりました森本貴幸です。これまで培ってきた全てのものを出し、アビスパ福岡のJ1昇格に貢献できるように頑張っていきたいと思います。宜しくお願いします」とした。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合