ここから本文です

今まで見たことのない坂元裕二 「anone」を最後まで見たあなたが出会う感情

2018/1/7(日) 16:50配信

BuzzFeed Japan

日本テレビ系の連続ドラマ「anone」が、1月10日の夜10時にスタートする。脚本は坂元裕二、演出は水田伸生。数々の賞に輝いた「Mother」「Woman」のスタッフが再結集した、注目作の見どころを解説する。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【写真】広瀬すず、ガッキー...高校サッカー応援マネージャーの出世ぶりが半端ないって

坂元ファンは戸惑う?

「Mother」では児童虐待、「Woman」ではシングルマザーの貧困と、過去の水曜ドラマ枠で社会性のあるテーマを描いてきた坂元。しかし、「anone」からは、かなり毛色の違った印象を受ける。

えぐるようなリアリズムゆえ、一部で「重い」「見ていられない」という声もあがった両作に比べると、ライトなドラマ視聴者への配慮も伺える仕上がりだ。

その分、コアな坂元脚本のファンほど、面食らう部分もあるかもしれない。詳しい理由を説明する前に、まずはあらすじを紹介しよう。

広瀬は難役を瑞々しく好演

主人公の「ハズレ」こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は、孤独死などのあった部屋を清掃するアルバイトをしながら、同世代の仲間とネットカフェに寝泊まりしている。

決して豊かとは言えないハズレのささやかな楽しみが、闘病中の青年「カノンさん」(清水尋也)と、チャットゲームを通じて他愛のないやりとりを交わすことだ。

役づくりのために髪をバッサリと切ったことでも話題を呼んだ広瀬は、ともすれば現実離れした印象を与えかねない難役を瑞々しく好演。地の足のついたリアリティーをもたらしている。

絡まりあう運命

医師から余命半年の宣告を受けたカレー屋の店主・持本舵(阿部サダヲ)は、店を畳もうとした矢先、最後に訪れた客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合する。

エリート街道を歩みながら、会社に放火して服役したるい子は「死に場所を探していた」と舵に告げる。

一方、法律事務所の事務員・林田亜乃音(田中裕子)は、自宅1階にある廃業した印刷工場の床下から、大量の1万円札を見つける。

ハズレ、亜乃音、舵、るい子、そして謎の男・中世古理市(瑛太)…。海辺の街に打ち捨てられた大金をめぐって、彼らの運命が絡まりあっていく。

「Mother」「Woman」に続いての出演となる田中の名演は、見逃せないポイントのひとつ。題名と同じ「あのね」という名を持つキャラクターだけに、今後の鍵を握る存在になりそうだ。

1/2ページ

最終更新:2018/1/7(日) 23:51
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ