ここから本文です

批判殺到の『笑ってはいけないシリーズ』 打ち切りの可能性もある?

1/8(月) 22:10配信

リアルライブ

 昨年12月31日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)への批判が高まっている。

 非難の対象となっているのは、浜田雅功が「ビバリーヒルズ・コップ」のエディー・マーフィーに扮し、顔を黒塗りにしたこと。番組としては笑いの1つと考えていたようだが、「人種差別的」だとして、Twitter上で一部から批判の声が上がったのだ。

 この件は日本だけにとどまらず、アメリカにも飛び火。5日付のニューヨーク・タイムズにも「黒塗りメークが物議を醸している」として、批判・擁護それぞれの意見を交え、事細かに紹介される。

 日本では「差別的な意図はなかった」との見方が大方だが、人種差別と受け取る人も一定数存在しているようで、現在もその内容について議論が繰り広げられている。

 さらにタレントのベッキーが番組中にムエタイ選手と思われる女性から、お尻を蹴られる「タイキック」を受けた件についても一部から「女性に暴力を振るうな」批判の声が。これについては「毎年蝶野正洋に殴られ続ける月亭方正は良いのか?」など異論もあり賛否両論となっているが、今年はなにかと批判の声がつきまとう内容となった。

 「昨年の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』の視聴率は17・3%で、8年連続民放首位。日本テレビとしては、ドル箱ですから、今後も放送を続けていきたいはず。

 ただ、これだけ批判の声が噴出してしまうと、それを無視することはできず、誰かが責任を取らざるを得なくなることも予想されます。

 その場合『全員の責任』として、番組を打ち切りにするかもしれません。一部の批判ではありますが、ダウンタウンをはじめとする出演者が、揚げ足とりとも思える批判に嫌気が差し、番組の終了を選択する可能性も、ゼロではないでしょう。

 元々『ガキの使い』は出演者とスタッフのつきあいがながく、みんなで作ってきた番組なので、『誰かのクビが飛ぶなら、番組を止める』となる可能性も否定できません」(芸能関係者)

 人気番組だけに打ち切りは惜しい。なんとか存続させてほしいものだが…。

最終更新:1/10(水) 10:18
リアルライブ