ここから本文です

作品賞は『スリー・ビルボード』豪アカデミー賞

1/9(火) 22:52配信

シネマトゥデイ

 第7回オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞が発表され、5部門でノミネートされていた『スリー・ビルボード』が作品賞、助演男優賞、脚本賞を獲得した。

【動画】アカデミー賞有力!『スリー・ビルボード』予告編

 同じく5部門でノミネートされていた『君の名前で僕を呼んで』と『レディ・バード』は無冠に終わっている。

 主演女優賞は『アイ、トーニャ(原題)』でフィギュアスケーターのトーニャ・ハーディングを演じた豪女優マーゴット・ロビーが受賞。同映画でトーニャの母親を演じたアリソン・ジャネイは助演女優賞を獲得している。複数受賞をしたのは『スリー・ビルボード』と『アイ、トーニャ(原題)』だけだった。主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

■作品賞
『スリー・ビルボード』

■主演男優賞
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

■主演女優賞
マーゴット・ロビー 『アイ、トーニャ(原題)』

■監督賞
クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』

■脚本賞
マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』

最終更新:1/9(火) 22:52
シネマトゥデイ