ここから本文です

<交通事故>自転車の女子高生2人、はねられ重体 前橋

1/9(火) 11:24配信

毎日新聞

 9日午前8時25分ごろ、前橋市北代田町の群馬県道で、自転車で通学途中だった前橋市立前橋高1年の太田さくらさん(16)と同3年の大嶋実来さん(18)が、道路を横切って縁石に乗り上げた乗用車にはねられた。2人は病院に搬送されたが、いずれも頭などを強く打ち意識不明の重体。同校はこの日が3学期の始業式だった。

 群馬県警前橋署は同日夜、乗用車を運転していた前橋市下細井町の無職、川端清勝容疑者(85)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕した。

 同署などによると、川端容疑者は乗用車を運転中、道路を横切って対向車線の縁石に乗り上げ、路側帯を自転車で走行していた太田さんをはねた後、道路沿いの民家の塀に衝突して横転し、大嶋さんを巻き込んだという。川端容疑者も頭部に軽傷を負った。

 川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」と容疑を認めているが、「対向車線に入った理由は分からない」と話しているという。現場にはブレーキ痕がなかったといい、同署は川端容疑者の当時の状況などを調べている。【西銘研志郎】

最終更新:1/9(火) 20:26
毎日新聞