ここから本文です

「EXO」カイが日本ドラマ初出演 好きなセリフは「借金してました!」

1/9(火) 21:04配信

東スポWeb

 韓流アイドルグループ「EXO」のカイ(23)が9日、都内でWOWOWの「連続ドラマW 春が来た」(全5話、13日午後10時)の完成披露会見に出席。集まった韓流ファンをトークで喜ばせた。

 同作は向田邦子氏の小説「春が来た」が原作で、韓国から来たカメラマン役を演じるカイは佐野史郎(62)、高畑淳子(63)、倉科カナ(30)らと共演。この日も、3人とトークを繰り広げた。

 女性ファンの黄色い大声援が会場中から湧き上がる中、日本ドラマ初出演&初主演について「想像していなかったので、すごくうれしかった。演技を通してファンに会えるのをワクワクしていました」とあいさつした。

 日本語のセリフにも挑戦したが、倉科から「今回の撮影で好きなセリフは?」と聞かれると「借金してました!」と即答。「(ドラマの中で)自分自身に借金があるというのがおもしろかった」と笑顔で話した。

 14日が誕生日とあって、バースデーケーキを模したバルーンアートがプレゼントされると、喜びをダンスで表現して、再び韓流ファンから大声援を浴びた。

最終更新:1/9(火) 21:04
東スポWeb