ここから本文です

米女優ウィンフリー氏、大統領選に? =こん身スピーチに観測広がる

1/9(火) 16:16配信

時事通信

 【ワシントン時事】米女優で司会者のオプラ・ウィンフリー氏(63)が2020年の大統領選に出馬するとの観測が広がっている。

 セクハラや抑圧との戦いを訴えた7日のゴールデン・グローブ賞の受賞スピーチが「事実上の出馬表明」(米メディア)と一部で受け止められ、報道は過熱気味だ。

 「新しい夜明けがすぐそこまで来ている」と絶叫調で訴えたスピーチは、総立ちの拍手を浴び、テレビで繰り返し報じられた。本人は明言していないが、私生活上のパートナーのステッドマン・グラハム氏はメディアに「彼女は間違いなく出馬する」と断言。女優のメリル・ストリープさんも「(出馬以外に)選択の余地はない」と強く背中を押す。

 貧しい家庭で育ったウィンフリー氏は、25年間続いたトークショーの司会で人気を確立。「最も尊敬する女性」を選ぶギャラップ社の昨年の世論調査では、クリントン元国務長官、ミシェル・オバマ前大統領夫人に次ぎ3位だった。 

最終更新:1/10(水) 11:52
時事通信