ここから本文です

ホリエモン、R-1の1回戦突破「身は他人の何十倍も削ってる」

1/9(火) 22:32配信

デイリースポーツ

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(45)が9日、都内で行われた、ピン芸人ナンバーワン決定戦「R-1ぐらんぷり 2018」の東京会場1回戦に出場、見事に突破して2回戦に進出した。

【写真】ホリエモン、ヒトラー?柄のTシャツでNHKに乗り込む

 堀江氏はピン芸人・エハラマサヒロ(35)のサポートを受けて挑戦。小学生にふんし、作文を読み上げる形で過去の“お騒がせネタ”を自虐し、大爆笑をさらった。

 究極の自虐ネタで、堀江氏がお笑い界に殴り込みをかけた。「のび太をイメージした」という黄色の帽子にセーター、黒の半ズボンにランドセルという姿で、将来の夢をつづった作文を読むというネタに挑戦。独特すぎるスタイルに登場の瞬間から笑いが起きた。

 作文では「プロ野球選手になりたい。でもなれなかったら、球団を買収して世間をにぎわせたい。ジャイアンツは無理かもしれないけど、バファローズぐらいなら…」、「芸能人になりたい。でもなれなかったら、テレビ局を買収して世間をにぎわせたい。フジテレビを買おうとしたら怒られるかな」などと、過去の経験をフル活用。最後は「刑務所に入らないような大人になりたい」と締めくくって爆笑をさらい、悠々と1回戦を突破した。

 終演後は旧知の間柄であるエハラとともに会見。「全然笑いとか出なかったらどうしようかと思ったんですけど、一応笑いのポイントで笑いが起こったので、少し安心したかな」と笑い、「身はもう、他人の何十倍も削ってるんですけど、全然体重は減らない」と、会心の自虐ネタをジョーク混じりで振り返った。

 出場を決めた理由については、若手芸人との交流の中で「彼らに、どうやったらうまくいくのかを見せたい。素人の僕がどこまでできるか、やってみると説得力がある」と説明。目標は「せいぜい1回戦を突破できれば」と控えめだったが、優勝した場合の、賞金500万円の使い道については「暗号通貨でめっちゃもうかってるし、考えてなかった」としつつ、「お笑いを世界に持っていく何かに使います」と、実業家らしい夢も口にした。