ここから本文です

NMBの“先生役”に松井知事「明るくて、元気でいいなと」

1/10(水) 5:01配信

スポーツ報知

 大阪府の松井一郎知事(53)が12日放送のカンテレのバラエティー「NMBとまなぶくん 大阪府知事に聞く!未来のまちづくりSP~」(金曜深夜0時55分、関西ローカル)に出演し、大阪の未来のまちづくり」についてNMB48の“先生役”となる。

 この番組は、世間の事を何も知らないNMB48のために「学校では教えてくれない」「今さら恥ずかしくて聞けない」ことを教える。まず、知事としての仕事内容を説明する松井知事にメンバーは興味津々。さらに「休みの日には何をしていますか」という上西怜(16)の質問に「友達とどっか行ったり…」と返すと、すかさず「何友達?」、「橋下(徹前大阪市長)さんですか?」と厳しい?追及にあい、思わず「彼も僕も、友達少ないから…」ともらした。さらに意外な趣味を告白し、メンバーたちを驚かせる。

 続いて、2025年大阪万博開催を目指し、現在行っているさまざまな活動についても説明。1970年に開催された大阪万博の映像を見ながら、「そもそも万国博覧会とは?」といった基本的な疑問から解説。「どういう環境で生まれても、どういうエリアで生活をしても、人生最後まで豊かに楽しく過ごせる、そういうモノとサービスをこの万博で生み出して世界に貢献しよう」と松井知事の発言に、なんと城恵理子(19)が涙。「すごい…人の命の事を考えてくれていて、生きる意味を考えさせられました」と感動したが、メンバーからはすかさず「大阪府民じゃないやん!」と兵庫県出身の城にツッコミが入る。

 収録を終えた松井知事は、「楽しかったです! ああいう若い人たちと直接やり取りする機会が少ないし、率直にいろんな意見を言ってもらえて、すごく楽しくてよかったです」と振り返った。また、共演したNMB48についても「明るくて、元気でいいなと。勉強もしてるなあと思いましたね」と感心していた。

最終更新:1/10(水) 9:08
スポーツ報知