ここから本文です

石原さとみ“食いっぷり”に井浦新が感心「生々しくてリアル」

1/9(火) 20:00配信

オリコン

 女優・石原さとみが9日、都内で行われた12日スタートのTBS系連続ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜 後10:00)制作発表に出席した。死因究明を取り扱った同ドラマでは対極にある“生きる”というテーマを表現すべく石原による“食”のシーンが登場。共演の井浦新は「さとみさんの食べ方がすばらしい。余計なことをせず黙々と食べる姿が生々しくてリアルに生きるということを食べ方から伝わってくる」と感慨深げにアピールした。

【写真】窪田正孝、市川実日子らが登壇した制作発表の模様

 劇中のみどころを聞かれた井浦は「さとみさん演じる(三澄)ミコトが食べ物を黙々と食べるシーンがあるんですが、淡々と黙々と食べる姿がドラマ全体を表す“生きる”というテーマを表していると感動してしまって…」と目からうろこだったようで、褒められた石原は「ありがとうございます」と照れ笑い。

 第一話では納豆巻から天丼を食べるメニューに変更されたそうで、石原は「朝イチの撮影だったんですけど、納豆巻よりかっこむ感じが大口あげる感じがいいなと思って。あと最後のシーンにも増えました」と紹介し「生きるってことが伝わる」と自信。再度、井浦は「食べるシーンは見ものです。このドラマではずっとミコトは食べ続けるんだろうなと楽しみにしてます」と期待を寄せた。

 同ドラマは死因究明のスペシャリストが集う『不自然死究明研究所(UDIラボ)』で働く人々の人間ドラマと、そこに運び込まれた遺体の謎を解く1話完結ミステリー。会見にはこのほか、窪田正孝、市川実日子、松重豊、脚本の野木亜紀子氏が登壇した。

最終更新:1/9(火) 20:21
オリコン