ここから本文です

日ハム平沼翔太3年目の決意 古里福井の成人式に出席

1/9(火) 8:17配信

福井新聞ONLINE

 プロ野球日ハムの平沼翔太内野手(20)=敦賀気比高(福井県敦賀市)出身=が7日、古里福井市の成人式に出席した。再会した友人や恩師からの激励を受け、プロ3年目に向けて「今年は飛躍の年にしないといけない。1軍出場50試合を目指す」と決意を新たにしていた。

【画像】敦賀気比高出身プロ5人が地元で指導

 第1部の式典で東村新一市長らの祝辞に真剣に耳を傾けた後、第2部の「はたちのつどい」では母校の社中の同級生や恩師に囲まれて握手や記念撮影を楽しんだ。

 2015年のセンバツ優勝投手からプロでは内野手に転身。この2年間は「同じ野球でも投手と野手では動きも考え方も全く違う」と新たな発見の連続だったという。

 「一生に一度なので楽しみにしていた」という成人式を終え、9日からは鹿児島で「理想のバッター」と尊敬する近藤健介捕手らとの自主トレに参加する。昨シーズンの1軍出場は代打3試合、先発1試合。初ヒットはまだお預けになっている。「2月のキャンプインに向けて自主トレで最高の準備をし、今季は1軍でヒットを積み重ねる」と力強く語った。