ここから本文です

啓翁桜を展示 石巻市役所に一足早い春 石巻祥心会が育成、管理し開花

1/9(火) 21:06配信

石巻かほく メディア猫の目

 社会福祉法人「石巻祥心会」(石巻市門脇)は4日、真冬に花を咲かせる啓翁桜を石巻市役所に展示した。

 施設の利用者が第2ひたかみ園(蛇田)の畑に植えられた桜の枝を切り、ひたかみ園(門脇)の機械室で1カ月ほど管理して開花させた。機械室は電気温水器20台などがあり、熱がこもり25度の温度に保たれているという。

 桜は約50本で、高さ2メートルのもある。一つのつぼに入れ、市役所2階市民課前にある少女の像隣に置かれた。薄くピンクがかった小さな花びらを付け新春を祝福しているようだ。

 施設を利用する阿部久男さん(62)は「一足早い春を感じてほしい」と語り、市福祉部の庄司勝彦部長は「今年も立派に咲きましたね」と表情をほころばせた。