ここから本文です

晴れ着トラブル 警察に160件の相談

1/9(火) 21:36配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 「成人の日」の8日、東京・八王子市や横浜市に店がある、振り袖の着付けなどを行う業者「はれのひ」と新成人が連絡が取れなくなり、晴れ着を着られなくなった問題で、警察に160件の相談が寄せられていることが分かりました。

 八王子市などに店を置き、振り袖の着付けや販売を手掛ける業者「はれのひ」が成人の日の8日、突然、営業を取りやめました。このため、当日に届くように晴れ着などのレンタルを予定していた人は晴れ着を着ることができなくなってしまいました。八王子市の成人式会場に来ていた新成人の1人は「友達の1人は着物も着られず、スーツで参加していた。意気消沈して、来なくなっちゃった子もいた」と話していました。

 八王子市の美容室や呉服店には晴れ着を借りることができなかった大勢の人たちが相談に訪れたということです。市内の美容室「ル・ジャルダン」八王子店の尾熊栄一さんは「着物がない人が来店して、うちの店の提携している着物店に急きょ連絡して、何とか着物を準備をしてほしいと頼み込んだ」と当日の様子を語りました。

 これまでに警察には利用者からの相談がおよそ160件寄せられているということです。また、相談が相次いでいることから、消費生活センターでは緊急の相談窓口を設けました。八王子市消費生活センターの大日向由紀子所長は「着付けやヘアメークのサービスが受けられなかったという相談から、レンタルもできなかったという相談、購入したものを預けたままで手元に戻っていないという相談もある」といいます。

 また、東京都の小池知事は、都の消費生活総合センターにも相談するよう呼び掛けています。

■八王子市消費生活センター
電話:042-631-5455(月曜~土曜,午前9時~午後4時半)

■東京都消費生活総合センター
電話:03-3235-1155(月曜~土曜,午前9時~午後5時)

最終更新:1/9(火) 21:36
TOKYO MX