ここから本文です

シャルケ、来シーズンに向けてFWウートを確保…「一番ゴールを脅かすドイツ人アタッカー」

1/9(火) 23:38配信

GOAL

シャルケは9日、2018-19シーズンに向けてホッフェンハイムFWマルク・ウート(26)を獲得することを発表した。フリーで加わる同選手と4年契約を締結することになる。

ケルン出身のウートはオランダのヘーレンフェーンなどを経て2015年夏からホッフェンハイムでプレー。ホッフェンハイムではこれまで公式戦71試合で28ゴールを記録し、今シーズン前半戦も12ゴールを挙げてきたアタッカーだが、移籍することを決心した。

ウートはシャルケの公式ウェブサイトで「シャルケへの移籍が正しい次のステップである考えに至った。夏からの挑戦を楽しみにしている」と喜びを語りつつ、「だが、それまでは全力で、そしてすべての気持ちを込めて、ホッフェンハイムでの目標やこれからのミッションに集中する」と誓っている。

またシャルケの強化担当、クリスティアン・ハイデル取締役は現在リーグの得点ランキングで4位タイ(ドイツ人選手ではトップの9得点)につけるウートについて「現在ブンデスリーガで最もゴールを脅かすドイツ人のアタッカーであり、夏以降我々の攻撃における選択肢を大きく広げてくれるだろう」と期待の言葉を向けた。

最終更新:1/9(火) 23:38
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合