ここから本文です

第75回ゴールデングローブ賞の受賞結果発表

1/9(火) 22:40配信

ELLE ONLINE

2017年1月7日(現地時間)にロサンゼルスで開催された第75回ゴールデン・グローブ賞の授賞式。セクハラ告発で揺れるなか、ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の会員投票により選定される優れた映画・テレビ番組に与えられる賞の結果は?

【写真】気高い女は美しい!ゴールデン・グローブ賞2018で魅せた、52人の美しきブラックドレス

テレビの部 ドラマ部門

出生率の低下により人口が激減した社会を舞台に、権利を剥奪され子孫を残すための侍女として、支配者に仕える女性たちを描いた「THE HANDMAID‘S TALE(原題)」が作品賞を受賞。本作は、主演のエリザベス・モスが女優賞に輝き、計2部門での受賞を果たした。 

ドラマ部門 作品賞 「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
ドラマ部門 女優賞 エリザベス・モス「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」
ドラマ部門 男優賞 スターリング・K・ブラウン 「THIS IS US 36歳、これから」

テレビの部 ミュージカル/コメディ部門

作品賞と女優賞を受賞したのはアマゾン・プライムで配信中の「マーベラス・ミセス・メイゼル」。1950年代、傍から見れば理想的な家庭ももちながら、うだつの上がらない夫にアドバイスをするうちに自分自身のコメディアンとしての才能を開花させていく専業主婦の物語。抑圧された才能の輝きももちろんのこと、キュートな50年代のクラシカルスタイルも楽しい。
 
ミュージカル/コメディ部門 作品賞 「マーベラス・ミセス・メイゼル」
ミュージカル/コメディ部門 女優賞 レイチェル・ブロズナハン「マーベラス・ミセス・メイゼル」
ミュージカル/コメディ部門 男優賞 アジズ・アンサリ「マスター・オブ・ゼロ」

テレビの部 リミテッドシリーズ/テレビムービー部門

「アリーmy Love」を手がけたデヴィッド・E・ケリーが脚本・製作総指揮を務める「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」が作品賞をはじめ、ニコール・キッドマンが女優賞、ローラ・ダーンが助演女優賞、アレキサンダー・スカルスガルドが助演男優賞を獲得し、最多4部門で受賞を果たした。
 
リミテッドシリーズ/テレビムービー部門 作品賞 「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」
リミテッドシリーズ/テレビムービー部門 女優賞 ニコール・キッドマン「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」
リミテッドシリーズ/テレビムービー部門 男優賞 ユアン・マクレガー「ファーゴ」
テレビの部 助演女優賞 ローラ・ダーン 「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」
テレビの部 助演男優賞 アレキサンダー・スカルスガルド 「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」

1/2ページ

最終更新:1/9(火) 22:40
ELLE ONLINE