ここから本文です

エマ・ワトソンやメリル・ストリープも! アクティビストをエスコートした女優たち

1/9(火) 23:40配信

ELLE ONLINE

現地時間1月7日(日)に開催されたゴールデングローブ賞。セクハラを告発する「#MeToo」ムーブメントや、アメリカ全体における働く女性の権利を守るためのイニシアチブ「Time's Up」の発足を受け、今年はレッドカーペットにアクティビストをエスコートしメッセージを発信した女優たちがいた。今のハリウッドを象徴する2ショットを彼女たちのコメントとともにレポート!

【写真】気高い女は美しい!ゴールデン・グローブ賞2018で魅せた、52人の美しきブラックドレス

メリル・ストリープ&アイ=ジェン・ポー

メリル・ストリープは「全国家庭内労働者連盟(National Domestic Workers Alliance)」のディレクターであるアイ=ジェン・ポーとともに出席。この連盟は「家庭内で仕事をしている人々に対する敬意と、存在の認識、その人たちを労働力として守ること」を目的としている。

レッドカーペットでメリルは「今、人々は力の不均衡を気がついている状態だと思うわ。その不均衡は暴行や虐待につながるものであり、この業界における虐待、家庭内で仕事をしている人に対する虐待を招いている。これは軍隊にも議会にも、至るところに存在している。私たちはこれを正したい。これまでとこれからの間には太く黒い線が引かれています。団結して立ち上がっている今この瞬間、私たちはある種の高揚感を感じているの」とコメント。

またポーも「この勢いとエネルギー、私たちが業界やコミュニティを超えて団結し、ともに立ち上がっていることをみんなが理解してくれることを望んでいます。私たちには安全な労働環境がふさわしいこと、私たちの労働に価値があり、尊厳を持って暮らし働くことができることも知ってほしい。それが私たちの未来です。私たちには今勢いがあります。みなさんに対して、私たちの活動に加わってほしいと訴えたい。これはみんなが参加できる、みんなにそれぞれの役割のある運動なのです」。

ミシェル・ウィリアムズ&タラナ・バーク

ミシェル・ウィリアムズは「Me Too」を組織として立ち上げ、ムーブメントを起こしてきたタラナ・バークとともに出席。「Me Too」は「性的暴行のサバイバーたち、特に貧困層出身の有色人種の若い女性を支援し、傷から回復するための道を見つけるため」に活動している。

ミシェルは「彼女をエスコートしたのはタラナが運動を始めてくれたから。彼女は何年も前にこの運動の種を蒔いてくれた。それが大きくなり、燃え上がったのよ」。

タラナは「とても謙虚な気持ちです」とコメント。「これは必要に迫られて立ち上げた運動でした。私のコミュニティが必要としたものが何年もの間に大きくなったのです。このような形に成長するとは想像していませんでした。この瞬間はとてもパワフルなものだと思います。なぜなら今私たちが目にしているのは、普段は結束しているとは見られていない2つの世界、大抵の場合は私たちを対立させるような2つの世界が協力し合っている姿だからです。ミシェルは自分のことを考えずに、私たちが自分の運動の目的について話せるように時間を譲ってくれている。そんな人たちと一緒にレッドカーペットを歩けるのはとても力強い経験です」。

1/2ページ

最終更新:1/9(火) 23:40
ELLE ONLINE