ここから本文です

親父が熱中するわけもわかる。V作戦マニュアルスマホケース

1/9(火) 21:11配信

ギズモード・ジャパン

こ、これは◯◯社のスマートフォン? こいつ、動くぞ…!

もうこの冒頭が何のシーンのオマージュであるかは、多くを語らずとも良いでしょう。僕にとってガンダムは一般教養。きっと世の中全体からみてもそうなのであろうと信じています。

【記事の全画像】親父が熱中するわけもわかる。V作戦マニュアルスマホケース

ザックリとガンダムのお話を説明すると…

戦火に巻き込まれた主人公アムロ・レイは偶然にも父親が開発していた「RX-78-2 ガンダム」というモビルスーツ(いわゆるロボット)に乗り込み、偶然にも極秘資料のマニュアルを見つけて、偶然にも動かせて、偶然にも敵のモビルスーツ「MS-06 ザクII」をやっつけて、なし崩し的に宇宙規模の戦争に巻き込まれていきます。親にも殴られたことがない軟弱少年でしたけど、なんだかんだでエースパイロットに成長して、すったもんだの末にライバルのシャア・アズナブルもやっつけて、「僕にはまだ帰る場所があるんだ…」と大団円。

というお話です。このアバウトな解説で興味が湧く方が居るのか? というのは謎ですけど、1大ムーブメントを起こした作品なのでぜひ見てください。Amazonプライムビデオで見られます。

そしてこちらは、その偶然にも見つけた極秘資料マニュアルを模したスマホケース。◯◯専用というわけではなく、画面サイズ5.0インチ以内、高さ140×幅70×厚10mmまで、カメラ位置は、裏面上面からレンズの中心位置が約37mmまでといったサイズのスマホで利用できますよ。価格は4,082円(税込)でプレミアムバンダイで予約中。発送は2018年2月頃となっています。

これがあれば僕もきっとアムロの気持ちになれるに違いない。ララァ…。



Image: バンダイ
Source: バンダイ

(小暮ひさのり)