ここから本文です

コウチーニョのバルサ入団会見概要 CLやリバプールについて述べる

1/9(火) 20:00配信

SPORT.es

8日月曜日、FCバルセロナ加入という自身の夢を叶えたFWフィリペ ・コウチーニョはメディカルチェックや入団発表を済ませた。
その後、カンプノウに併設されている大ホール、Auditori 1899にてクラブのスポーツ部門副会長のジョルディ・メストレに付き添われ、バルサの選手として初の公式記者会見に応じた。

【ハイライト動画 リーガ第18節 FCバルセロナ対レバンテ】

■感謝
コウチーニョの最初の言葉は感謝の意を示すものだった。
「僕は非常に幸せで満足している。この契約は夢の実現だ。僕は多くの人々に礼を言う必要がある。まず第一には神にだが、同様に僕の妻や両親、契約を締結するために7ヶ月間忍耐強く待ってくれたバルセロナの尽力と会長にもね。そしてもちろん5年間を過ごしたリバプール、残留を願っていたにも関わらず僕の夢に理解を示してくれた幹部たちにもだ。現在、僕は新たな家にいられて非常に幸せだ。

■ネイマールとの比較
ネイマールとメッシについての見解や両選手の比較について質問されたコウチーニョはこのように語った。
「メッシとネイマールは偉大な2人の選手だ。僕が何かを言う必要は無い。僕は代表でネイマールとプレーしている。僕達は子供の頃からの友人だ。そしてメッシは偉大な選手だ。僕にとって彼の横でプレーできる事は名誉であり、幸運な事だ。」
そしてネイマールとの比較について コウチーニョはこのように指摘した。
「僕とネイマールは異なる選手だ。ネイマールは偉大な選手だが、僕達は異なる特徴を持つ。僕はバルサで自分の居場所を見つけるために来ている。」
さらにコウチーニョは数日前にネイマールと話した事を明かした。
「彼は僕の移籍を祝ってくれた。そして僕に街やチームメイトの事、ロッカールームの素晴らしさについて話してくれたよ。パウリーニョやルイスからも以前にそれを聞いていた。だから僕はここに来られて非常に嬉しいんだ。」

■チャンピオンズリーグには出場できない
コウチーニョはリバプールで今シーズンのチャンピオンズリーグの試合に既に出場しているため、バルサでは同大会に出場する事ができない。そのことについて彼はこのように語った。
「僕の夢はここに来る事だった。二度とないかもしれないこのチャンスを前に僕に迷いはなかったよ。僕の契約は5年だ。今年のチャンピオンズリーグに出場することは出来ないが、来シーズン以降はプレーできる事を願っているよ。」
さらにコウチーニョは自身の破格の移籍金についても触れた。
「バルサ史上最高額の選手になる事はプレッシャーではなく、名誉だ。お金に関するテーマはクラブ間の話だ。僕の目標はここに来て、楽しみ、幸せになること、タイトルを獲得することなんだ。」

■リバプール
彼の契約は非常に長く、険しい道のりだった。
「僕たちは2、3度フライトを変更する必要があった。まだ完全に実感が湧いていない。トレーニングを始めた時に実感するだろう。最初から僕のここに来たいという気持ちはハッキリしていた。そしてリバプールは全力で僕を引きとめようとした。リバプールには僕の夢、僕と僕の家族が望んでいたものに理解を示してくれて感謝している。僕は6ヶ月間全力を尽くしてプレーした。そして現在ここにやって来る時が来たんだ。」
さらにコウチーニョはレッズのサポーターへの愛情を示した。
「僕は全力を尽くした。残念ながら僕達はタイトルを獲得する事は出来なかったが、5年間素晴らしい時間を過ごした。」

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:1/9(火) 20:00
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合