ここから本文です

大阪府・松井知事が定例会見1月10日(全文2)総合区と特別区は比較できない

1/10(水) 17:23配信 有料

THE PAGE

 大阪府の松井一郎知事が10日午後2時から定例会見を行った。

 ※【**00:32:45】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】松井一郎・大阪府知事が定例会見(2018年1月10日)」に対応しております。

司会:それでは次のご質問、お願いいたします。

松井:はい。

記者1:お願いします。今の特別区のお話のところなんですけども、特別区の経済効果を算出するご意向だということなんですけれども、この点に関してはどういうふうにお考えでしょうか。

松井:これはやっぱそういうシンクタンクとか、学者の皆さんに一度、今、僕と橋下市長の時代からやってきたのを僕よく言っているのは、バーチャル大阪都なんですよ。これは人による、関係による、広域の一元化です。橋下市長とは大阪府と大阪市の協議会、大都市制度協議会、特別区設置協議会とやって、で、吉村市長と今、副首都推進本部。府市統合本部と副首都推進本部というのを橋下市長のときから続けてきました。この組織がバーチャル大阪都という広域を一元化して物事を決めていく組織です。  本文:5,467文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:10/2(火) 16:15
THE PAGE

あなたにおすすめの記事