ここから本文です

ビッグネームと回るより…今平周吾が海外で欲する“きっかけ”

1/10(水) 12:50配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 事前情報(9日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

【画像】あえて言わない◯○傘。

25歳の今平周吾は、初出場の舞台で精力的な調整を続ける。開幕2日前のこの日、同じく初出場の小鯛竜也と18ホールの練習ラウンドを行った。暖かい地域特有のバミューダ芝を警戒しつつ、「海外で結果を残せていないので、まずは予選通過が目標」と述べた。

昨年は国内ツアーで初優勝を挙げ、賞金ランクは自己最高の6位。「目標だった1勝を挙げられて良い1年になった」と振り返り、「今年は国内で2、3勝とできるようにしていきたい」と目標を掲げた。

12月上旬にシーズンを終え「(12月の)はじめは仕事や挨拶回りで忙しかったけど、後半はゆっくりした。プライベートゴルフを3回くらいやって」と、英気を養った。今月7日(日)にハワイ入りし、その日からコースで練習した。前日8日(月)にもマンデープロアマに出場して18ホールを確認した。

ジョーダン・スピース、ジャスティン・トーマスという世界のビッグネームも集まった今週。かねて海外志向は強く「一緒に回りたい気持ちはあるけど…。まずは予選を通りたいですね」と語った。

これまで2度のメジャーを含め3回の米国ツアー出場で、週末に残った経験はない。「やっぱりきっかけがほしい。できるという自信というか、そういうものがあると、気持ち的にも楽になる」と、戦いを見据えた。(ハワイ州ホノルル/林洋平)