ここから本文です

前橋に自家焙煎コーヒー新店 生豆セラーで鮮度管理 /群馬

1/10(水) 7:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 生豆用のセラーを完備した自家焙煎コーヒー店「13 COFFEE ROASTERS」(前橋市若宮1、TEL 027-289-4260)が昨年12月12日、正式オープンした。昨夏からテスト営業していた。(高崎前橋経済新聞)

【写真】上毛三山はギフト商品にも

 オーナーの櫻井喜明さん、店長で焙煎士の吉田尚文さんは群馬県立前橋南高等学校の同級生で、「いつかカフェ経営したい」という夢に向かって歩を進めた。

 櫻井さんは6年前に日本スペシャリティコーヒー協会のコーヒーマイスター、ジュニアローストマスター、日本バリスタ協会のバリスタ(Level1)の資格を取った。

 店には生豆の鮮度を保つためにコーヒー豆専用のセラーを設置し、一定の温度、湿度で管理する。

 看板商品はオープンに向けて開発したオリジナルブレンド「HARUNA」「AKAGI」「MYOUGI」。「HARUNA」はグアテマラ、エチオピア、コロンビア、インドネシアを使いさわやかで華やかに、「AKAGI」はコロンビア、グアテマラ、ニカラグア、コスタリカを使い力強く芳醇、「MYOUGI」はブラジル、コロンビア、ニカラグアを深煎りしたこくと苦みが特徴。

 コーヒー豆は価格は100グラム600円~850円。試飲サービスを行うほか、おためし用として30グラムの販売も行う。カフェメニューはドリップコーヒー380円、自家製のアップルジンジャーエール500円など。

 営業時間は平日・日曜は11時~19時、土曜は12時~21時。

みんなの経済新聞ネットワーク