ここから本文です

TUBE前田10年ぶりソロ作品 ミニアルバムに豪華レジェンド集結

1/10(水) 5:00配信

スポニチアネックス

 ロックバンド「TUBE」の前田亘輝(52)が10年ぶりにソロ作品をリリースすることになった。

 ミニアルバム「My Legends 1(マイ・レジェンズ・ワン)」。オリジナルアルバムの発表は1997年12月の「HARD PRESSED」以来約20年ぶり。

 タイトルの通りレジェンドが集結した豪華盤だ。収録する新曲3曲の歌詞を書き下ろしたのは、人気作家の伊集院静氏(67)。CDジャケットの撮影とミュージックビデオのプロデュースを写真家の加納典明氏(75)が手掛けた。前田が85年にTUBEでデビューした時、若手の代表として第一線で活躍していたのがこの2人で、以来ずっと共演を熱望してきた。

 伊集院氏とは数年前からあいさつをする程度の関係だったが、提供された新曲「でく」と「みんながダイヤモンド」を自身で作曲し、初めて密に接した。伊集院氏は「ひと回りして男は、本物の大人になるもんだよ」と円熟味を増した前田を評した。加納氏は、「歌い躍る前田を撮りながら伝わってくる心地よさに、男が送った日々の時が影が写る」と熱いコメントを寄せた。

 レコーディングでも豪華共演が実現した。旧知の仲の大黒摩季(48)と坪倉唯子(54)がコーラスで参加。今剛(こん・つよし、59)ら一流ミュージシャン6人がバックで演奏した。

 TUBEといえば夏だが、前田にとってソロは冬だ。バンドと一線を画し、87年にソロ活動を開始。CDの発売はほとんどが秋~冬で、今作の発売日も2月14日。前田は「憧れのレジェンドたちとの共演が実現して、とても聴き応えのある作品に仕上がった」と手応えを語った。