ここから本文です

ジャズ・ドラマーの森 智大が大林武司、ブラクストン・クックらを迎えた新作をリリース

1/10(水) 16:15配信

CDジャーナル

 米ニューヨークを拠点に活動するジャズ・ドラマーの森 智大が、2ndアルバム『Uptown Bound』(APLS-1803 2,315円 + 税)を1月10日(水)にリリース。レコーディングには、テレビ朝日系報道番組「報道ステーション」のテーマ曲を担当するJ-Squadのメンバーとしても活動する大林武司(p)とタミア・シュマーリング(b)によるレギュラー・メンバーのほか、クリスチャン・スコットのバンド・メンバーとして知られるサックス奏者 / シンガーのブラクストン・クックがゲストで2曲参加しています。

 森は1992年、福岡県出身。音楽好きの両親の影響で、3歳よりドラム、5歳よりピアノのレッスンを開始。17歳で米ボストン・バークリー音楽大学のオーディションに合格し奨学金を獲得。2011年に渡米し、同校を2015年に卒業しました。同年にはKDDIのウェブCM「Sync Dreams」に出演し話題となっています。卒業後はニューヨークを活動拠点とし、2016年5月に1stアルバム『グランド・スラム』を発表。ニューヨークからミュージシャンを招聘しツアーを行なうなど、幅広く活動しています。

最終更新:1/10(水) 16:15
CDジャーナル