ここから本文です

鹿島復帰の内田が始動!独の常勝軍団「バイエルンにならないと」

1/10(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 ブンデスリーガ2部、ウニオン・ベルリンからJ1鹿島に復帰した元日本代表DF内田篤人(29)が9日、この日始動したチームの一員として茨城・鹿嶋市内で初練習。2010年7月以来、8シーズンぶりの古巣に、ドイツでの経験を注入する。

 ただいま、鹿島! 鹿島灘から吹く寒風の中でDF内田が、8シーズンぶりに古巣へ戻った喜びと、王座奪還へ意欲を示した。

 「ずっと帰ってきたかったチーム。うれしい。懐かしくていい感じです」

 淡々と話した言葉の中に、“鹿島愛”がにじみ出た。

 チームはこの日、新シーズンを始動した。選手たちは午前、近隣の病院で健康診断。内田は15年6月に手術した右膝と、昨年10月に肉離れを負った左太ももの精密検査を受けた。問題なくパスすると、午後は約1時間半の走り込みで汗を流した。

 鹿島は昨季、J1最終節で川崎にかわされ、20冠目のタイトルを逃した。内田は「ドイツではバイエルン・ミュンヘンが抜けていた。鹿島はそれにならないといけない」と真の常勝軍団化を説く。かつて苦楽をともにした主将MF小笠原は「経験を持っている選手。何ができるか楽しみ」と戦友の復帰を歓迎した。

 王座奪還が容易ではないのは内田も承知。「勝つ難しさを勉強してきた。優勝の約束はできないけど、やるからには全力を尽くす」。経験をチームに還元し、恩返しをする。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合