ここから本文です

間男騒動をネタにする矢口真里 完全復活近い?

1/10(水) 11:00配信

東スポWeb

 元「モーニング娘。」矢口真里(34)が8日、都内で行われた「第1回eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」に参加した。eスポーツとは、ゲーム機器を使った対戦をスポーツ競技としてとらえる総称で、世界の競技人口は1億人超。五輪の正式種目になる可能性も出てきている。小学生のころからゲームを始め“芸能界屈指のゲーマー”とも言われる矢口はこの日、格闘ゲーム「ストリートファイター�」をプレーした。

 矢口といえば2013年に間男騒動を起こし、直後に俳優・中村昌也(31)と離婚。現在は、その間男だった元モデル・梅田賢三氏と再婚間近と言われている。入籍について尋ねられた矢口は「来ましたね。その質問」とニヤリ。さらに「準備はしている」と明言した。ただこの手の発言は、昨年から「言っていた」とも話し、「今年も言っていくかも。引っ張りたい」と笑わせた。

 間男騒動のショックで1年5か月ほど休業した矢口だが、今では自らネタにできるほど吹っ切れた様子。休業中にもゲームは「やっていた。朝から晩まで」とサラリ。傷心だったため、プレーするゲームも「癒やし系のものが多かった。パーティー系をやりたくても1人しかいない。1人で『マリオカート』とか」と自虐ネタを並べた。

「吹っ切れた矢口にとって、怖いものは何もない。タブー知らずでのびのびやれる。自身のプライベートをネタにして露出を続けた代表格に石田純一がいるが、2016年に東京都知事選出馬撤回騒動を起こし政治色が付き露出が激減した。プライベートを切り売りするタレントとして、今年は矢口が台頭しそう。もともとトーク力は抜群だから」(テレビ局関係者)

 完全復活は近いかも!?

最終更新:1/10(水) 11:32
東スポWeb