ここから本文です

YOSHIKI出演『マツコの知らない世界』が大きな反響、Amazonでは映画DVDが売り切れの事態に

1/10(水) 20:15配信

エキサイトミュージック

9日放送のTBS系『マツコの知らない世界 新春2時間SP』にX JAPANのYOSHIKIが登場。テレビ初共演となったマツコ・デラックスと共に、「YOSHIKIの世界」をテーマに、自身のこれまでの歴史、またX JAPANの辿ってきた道のりを振り返り、息の合ったトークを展開した。番組視聴率は平均13.5%、そしてYOSHIKI登場中には最高15.9%を記録したことがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

先月放送された『しゃべくり007 SP』ではYOSHIKI出演中に21.6%、また『芸能人格付けチェック』では昨年よりもさらに高い19.6%という視聴率を記録したことも記憶に新しいが、『マツコの知らない世界』でも、またもや異例の高視聴率をたたき出した。

自身の生い立ちやロックの道に進もうと思ったきっかけ、さらにX JAPANの解散やメンバーの死、別れ、そして復活…と、貴重映像と共に壮絶な歴史の数々が紹介され、「死んだHIDEとTAIJIと一緒にやっている」と語ったYOSHIKIが「Forever Love」を弾いた途端、「マツコの知らない世界でまさか泣くことになるとは思わなかった」などとSNSは絶賛と感動のコメントで溢れた。

さらに、番組放送の度に大きくなるYOSHIKIの影響により、Amazonサイトでは現在発売中のドキュメンタリー映画『WE ARE X』のDVDがなんと品切れ状態となるほどの事態に。目に見える形でその余波は各所に広がっている。

番組冒頭、YOSHIKIのことを「稀有な存在」と語ったマツコ。世間の反応を見たところ、この放送を見てYOSHIKIの魅力に気付かされたのはマツコだけではなさそうだ。