ここから本文です

北朝鮮、南北高官級会談の妥結を迅速報道=共同報道文も公開

1/10(水) 10:18配信

WoW!Korea

北朝鮮の官営メディアが南北高官級会談の妥結ニュースを迅速に報道し、共同報道文も公開した。

 朝鮮中央通信は10日、「全民族と内外の大きな期待と関心の中、1月9日に板門店南側(韓国)地域平和の家で南北高官級会談がおこなわれた」と報道した。

 通信は続けて「会談には朝鮮民主主義人民共和国の祖国平和統一委員長リ・ソングォン同志を団長とする北朝鮮側の代表団と、統一部長官のチョ・ミョンギュンを首席代表とする南側(韓国)代表団が出席した」とし「南北当局は南朝鮮(韓国)で開かれる第23回冬季オリンピック競技大会の成功的な開催と南北関係を改善していくうえで、原則的な問題を真剣に協議し、次のような共同報道文を採択した」と伝えた。

 ただし通信がこの日公開した共同報道文には韓国側とは異なり“平昌”という単語は使用されなかった。

先立って、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長も肉声で発表した新年の辞で、平昌冬季オリンピックを「冬季オリンピック競技大会」と表現している。 同じ脈絡でパラリンピック大会は「障害者オリンピック競技大会」と表記されていた。

 また3項でも多少違いを見せた。北朝鮮は「北と南は南北宣言を尊重しながら南北関係で提起されるすべての問題をわが民族同士の原則で対話と交渉を通じて解決していくこととした」と伝えたが、韓国側は「わが民族の原則で」という文言の代わりに「わが民族が朝鮮半島問題の当事者として」と表現した。

最終更新:1/10(水) 10:18
WoW!Korea