ここから本文です

阪神D3・熊谷、仰天愛発覚!愛用グラブと毎日添い寝

1/10(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神新人合同自主トレ(9日、鳴尾浜)愛して愛してやまないぞ!! 阪神のドラフト3位・熊谷敬宥内野手(22)=立教大=が9日、鳴尾浜の新人合同自主トレに参加。愛用グラブと毎晩一緒に寝るという“道具愛”の持ち主であることを明かした。

 片時も離さない。そばにいるだけで安心する。恋人へのポエムではない。ドラフト3位・熊谷は、超ピュアな“グラブ愛”の持ち主だった。

 「(グラブの)形を崩したくないですし、枕元に置いておくと安心するというか。高校のときくらいから一緒に寝るようになりました。寝てるときはさすがに手につけられないので、枕元に置いとけば安心して寝られる」

 なんと自分の愛用しているグラブを、毎晩枕元に置いて寝ているというのだ。寝返りでグラブを潰してしまいそうだが「そっちの方向に寝返りしないので。1回も潰したことないです」ときっぱり。部屋でも、暇があれば触っているという。

 野球道具と寝る-。ミスタータイガース・掛布雅之氏(現SEA)や、広島の鈴木誠也はバットを抱えながら寝ていたというが…。グラブとともに寝るという選手は前代未聞!? 堅実な守備を武器にしているだけに、職人になれる素質はプンプンだ。

 そんなこだわりの“相棒”。プロ入りに際して新調した。大学時代を主に遊撃を担ったが「どこでも守れるように、新しいのを作りました」と、ミズノ社の内野のオールラウンドモデルを発注。さらに手を入れる部分をキツめにした。「大学のシーズンでさえ、緩くなって捕りにくくなるってことが何回もあったので。プロで新たに挑戦するからにはこだわっていきたい」と意図を説明。内野争いを勝ち抜くために、商売道具の準備にぬかりはない。

 この日は新人合同自主トレ2日目。軽いキャッチボールなどで汗を流したが、大山や植田がノックを受ける姿をみて「早く(ノックを)受けられたらと思います」。生粋の野球小僧が、愛する相棒とともに“沖縄切符”を目指す。