ここから本文です

羽根田卓也「大変残念に、そして悲しい思い」20年へ管理体制必要性痛感

1/10(水) 6:07配信

スポーツ報知

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、昨年9月に石川・小松市で開催されたカヌー・スプリント日本選手権で、鈴木康大(やすひろ、32)=福島県協会=が小松正治(25)=愛媛県協会=のドリンクに禁止薬物を混入し、小松がドーピング違反で資格停止となっていた事実を公表した。

【写真】カヌー鈴木康大、薬物混入 親友被害者に相談され自白

 リオ五輪カヌー・スラローム男子カナディアンシングル銅メダルの羽根田卓也(ミキハウス)は「今回の件について、アスリートとして、また同じカヌー競技者として大変残念に、そして悲しく思います。スプリントとスラロームでは競技環境が違うのですが、飲料を始め用具や備品は、競技の成績だけでなく安全面にもかかわるものですので、間違いのない中で管理できる態勢が、2020年に向けて改めて必要だと感じました。私もアスリートの一人として今後できることを考え、発信していきたいと思います」とコメントした。

最終更新:1/10(水) 6:53
スポーツ報知