ここから本文です

加熱式たばこに水銀仕込む=殺人未遂容疑で男逮捕―滋賀県警

1/10(水) 10:38配信

時事通信

 加熱式たばこに水銀を注入して知人男性に吸わせ、殺害しようとしたとして、滋賀県警捜査1課などは10日、殺人未遂容疑で設備業宮脇貴史容疑者(36)=大津市関津=を逮捕した。

 容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年6月3日、滋賀県栗東市の路上で、体温計などに使われる金属水銀を注入した加熱式たばこ1箱(20本入り)を同市の無職男性(37)に手渡し、翌4日までに14本を吸わせ、頭痛や味覚障害などの症状を起こさせた疑い。

 同課によると、男性は宮脇容疑者が以前経営していた会社の従業員。男性は同日に滋賀県内の病院に救急搬送され、血液や尿から基準値以上の水銀が検出された。男性は現在も体調不良が続いているという。

 男性は県警草津署に被害を申告。残っていたたばこなどを調べたところ、致死量に相当する水銀が検出された。宮脇容疑者は1本につき0.3~0.5グラムを注入したと供述している。同課などは2人の間にトラブルがなかったか調べる。 

最終更新:1/10(水) 13:10
時事通信