ここから本文です

中日・平田が広島・菊池との合同トレ心待ち

1/10(水) 16:45配信

東スポWeb

 中日・平田良介外野手(29)が9日、愛知・豊田市内での自主トレを公開した。昨年は6月に右半月板を損傷してリタイア。故障防止で股関節や足首の可動域を広げるため、ヨガやブラジル体操を取り入れたストレッチを入念に取り組んでいる。

 この日は打撃練習も披露し「骨盤の動きがよくなったことで、頭がブレずに上下運動がほとんどなくなって(打撃フォームに)安定感が出ている。けがの功名です」とニヤリ。そんな平田が今オフ、楽しみにしているのが広島・菊池涼介内野手(27)からのアドバイスだ。

 15日に豊田市内での自主トレを打ち上げた後、静岡県内で行われている菊池ら広島勢中心の自主トレに19日まで参加予定。菊池は昨年3月のWBCで、共に日の丸を背負ってプレーした盟友だ。「キク(菊池)は身体能力がズバ抜けてて誰にもまねできないぐらいの動きをするけど、それとは別に他の人の体を見る能力もたけていると思う。かなり興味を持っている」と目を輝かせる。

 というのも、昨シーズン中に平田は菊池から「調子いいときと悪いときがすぐに分かります」と告白され「なんで?」と聞いた。だが、シーズン中だっため菊池が敵に塩を送るのを“自粛”したのか「それは言えないっす」と答えを“拒否”されてしまったという。

 それ以外にも「『俺に話したいことがある』と言っていたのに、教えてくれなかった」とけむに巻かれたことがあり、平田は「今はオフなので俺に何を言いたかったのか静岡まで聞きに行ってきます。キクは理論がすごいと思う」と菊池との対面を待ち切れないでいる。

 今季はそんな菊池エキスを吸収し、打棒爆発の“恩返し”でリーグ3連覇を狙う広島の前に立ちはだかるつもりだ。

最終更新:1/10(水) 16:45
東スポWeb