ここから本文です

【WWE】アスカ初の醜態 183センチの大女が襲撃

1/10(水) 16:45配信

東スポWeb

【テネシー州メンフィス8日(日本時間9日)発】WWE・ロウ大会が行われ、無敗街道を突き進むアスカ(36=華名)がWWE参戦後、初の醜態をさらしてしまった。

 先週の大会では、ノンタイトル戦ながらロウ女子王者のアレクサ・ブリス(26)を腕ひしぎ逆十字固めで一蹴。戴冠はいよいよ秒読み段階かと思われた。しかしこの日の入場時にWWEきっての大型女ナイア・ジャックス(33)がアスカを襲撃。183センチ123キロの巨体でアタックするとエレクトリックチェアー(リバースジャンピングボム)で叩きつける。さらにはスチームローラー(前転式プレス)で完全KOしてしまった。

 2015年10月のNXTデビュー以来、無敗を誇るアスカがここまで無残な姿をさらしたのは初。急きょ来週の大会でシングル戦が行われることになった。アスカはPPV大会「ロイヤルランブル」(28日、ペンシルベニア州フィラデルフィア)で行われる女子初のロイヤルランブル戦出場へ真っ先に名乗り上げていたが、同戦はナイアも出場が決定。待望のメジャー戴冠へ思わぬ難敵が出現した。

最終更新:1/10(水) 16:45
東スポWeb