ここから本文です

<大相撲>大鵬の孫が新弟子検査 「早く幕内で活躍したい」

1/10(水) 11:25配信

毎日新聞

 大相撲の幕内優勝歴代2位の32回を誇る元横綱・大鵬(本名・納谷幸喜、2013年1月死去)の孫で、埼玉栄高3年の納谷幸之介(17)が10日、初場所(14日初日、東京・両国国技館)の新弟子検査に臨んだ。プロの第一歩を踏み出した納谷は「やっと力士になれて、うれしい。早く幕内で活躍したい」と緊張した面持ちで話した。

 納谷は昨年、国体など個人の全国タイトルを二つ獲得し、12月の全日本選手権にも出場した。大鵬が創設し、現在は弟子の大嶽親方(元十両・大竜)が師匠を務める大嶽部屋に入門。この日は身長188センチ、体重166キロで、新弟子の体格基準(167センチ、67キロ)をパスした。

 内臓などの検査で問題がなければ、「納谷」の本名で、初場所の前相撲で初土俵を踏む。中日の新序出世披露では、大鵬が現役時代に使用した化粧まわしを着けて土俵に上がる予定。3月の春場所番付で序ノ口にしこ名が載る。【上鵜瀬浄】

最終更新:1/10(水) 11:40
毎日新聞