ここから本文です

9センチは伸びすぎ? ISS滞在の金井さん身長を訂正

1/10(水) 11:18配信

朝日新聞デジタル

 昨年12月から国際宇宙ステーション(ISS)で活動している宇宙飛行士の金井宣茂(のりしげ)さん(41)が、ツイッターで発信した「滞在して3週間で身長が9センチも伸びた」とのつぶやき。2万件以上もリツイートされ、各方面を驚かせたが、測り直してみるとプラス2センチ。金井さんは10日、「計測ミス(?)なのに、大変な話題になってしまったみたいで、とんだフェイクニュースを大変失礼しました」と再ツイートした。

【写真】国際宇宙ステーションに滞在している金井宣茂さん=本人のツイッターから

 金井さんはISSでの活動の様子をツイッターで発信している。9日のツイートで身体計測があったことを報告。「な、な、なんと、身長が9センチも伸びていたんです!たった3週間でニョキニョキと。こんなの中高生のとき以来です」「帰りのソユーズの座席に体が収まるか、ちょっと心配です」とつぶやいた。

 宇宙航空研究開発機構によると、無重力の状態では脊髄(せきずい)の椎間板(ついかんばん、軟骨)が伸びることが知られているが、通常は1~2センチだという。

 ロシア人船長から「9センチは伸びすぎだろう?」と怪しまれた金井さんは、自分で再計測。10日のツイートで「だいたい182センチ。地上より+2センチでした」「帰りのソユーズにも乗れそうで、少し安心です」と記した。(服部尚)

朝日新聞社