ここから本文です

神谷主将 森保ジャパン1号狙う!U23アジア選手権へ気合

1/10(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 U―21日本代表は10日に、中国・江蘇省江陰で森保監督就任後初の公式戦となるU―23アジア選手権1次リーグ第1戦パレスチナ戦に挑む。東京五輪世代を率いる指揮官は「一戦一戦大事に戦っていく。(決勝まで)6試合戦うことを目標に、頂点を目指していきたい」と誓った。

 昨年12月のタイで行われたM―150杯から大幅に選手を入れ替え、同5月のU―20W杯メンバー11人が参加する今大会。2日から大阪府内で合宿を行い、チームコンセプトを落とし込んだ。「そう簡単に戦術の浸透はできないが、限られた期間の中でやってきたことを選手たちが表現してくれれば」と指揮官。試合前日は紅白戦やセットプレーの確認を行い、備えた。

 今大会主将にはタイ遠征で活躍したMF神谷(J2愛媛)を任命。練習試合を含め計3得点と森保ジャパン最多得点中の神谷は「チームを引っ張らないと」と気合を込める。攻撃と守備に全員が絡むスタイルを描く森保サッカー。主力メンバーを加えた公式戦で第一歩を踏み出す。

 ≪U―23パレスチナ戦の予想布陣≫

 【GK】小島亨介(早大)【DF】庄司朋乃也(金沢)、立田悠悟(清水)、板倉滉(仙台)【MF】藤谷壮(神戸)、井上潮音(東京V)、神谷優太(愛媛)、浦田樹(北九州)【FW】三好康児(札幌)、小松蓮(産業能率大)、岩崎悠人(京都)