ここから本文です

加熱式たばこに水銀仕込み、知人を殺害未遂容疑 滋賀

1/10(水) 11:40配信

朝日新聞デジタル

 水銀を入れた加熱式たばこを知人男性に吸わせ、殺害しようとしたとして、滋賀県警は10日、大津市関津6丁目の設備業、宮脇貴史容疑者(36)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 捜査1課によると、宮脇容疑者は昨年6月3日、同県栗東市内で、致死量の金属水銀を含ませた加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を知人の無職男性(当時36)=同市=に手渡し、翌日までにパチンコ店などで計14本を吸わせ、殺害しようとした疑いがあるという。

 男性はたばこを吸った後、異変に気づいてやめたが、頭痛やろれつが回らなくなるなどの中毒症状が出て、病院に搬送された。男性は味覚障害などの症状が出ているという。

 届け出を受けた県警が、残っていたたばこを調べた結果、本来は含まれていない量の金属水銀が検出された。金属水銀は体温計などに使われ、気化しやすく、ガスを吸いすぎると、脳や内臓に影響するという。

 県警が宮脇容疑者を任意で事情聴取したところ、男性を殺害する目的で加熱式たばこに水銀を注入したことを認めたことなどから逮捕に踏み切った。男性は宮脇容疑者が以前経営していた携帯修理会社の従業員だったという。


     ◇

 〈加熱式たばこ〉 たばこの葉を燃やさずに電気で暖め、抽出されたたばこの成分だけを吸う仕組み。電池式の専用器具を使う。燃焼させて煙を吸う従来の紙巻きたばこと違い、煙もにおいも少ないことなどから急速に普及している。2016年に全国販売が始まった加熱式たばこの「アイコス」は、紙巻きを含むたばこの販売に占めるシェアが昨年10月時点で約15%に達した。受動喫煙の被害については、学会や販売会社の間で見解が分かれている。

朝日新聞社