ここから本文です

県教委職員、勤務中倒れ死亡=残業月120時間―新潟

1/10(水) 12:17配信

時事通信

 新潟県の米山隆一知事は10日の定例会見で、教育委員会の40代の女性職員が勤務中倒れ、その後死亡したことを明らかにした。

 女性の昨年12月の時間外勤務は約120時間で、過労死も疑われる。米山知事は「因果関係そのものは分からないが、時間外勤務が多いのは間違いない。勤務時間の改善をしたい」と話した。

 県教委によると、女性は高等学校教育課で県奨学金の審査などを担当。昨年11月の時間外勤務は月約100時間、同12月は約120時間で、厚生労働省が過労死認定の目安としている月80時間を超えていた。昨年12月29日~今年1月3日の閉庁日にも延べ数時間登庁し、事務作業をしていたという。 

最終更新:1/10(水) 12:38
時事通信