ここから本文です

【京成杯】ジェネラーレウーノ 気難しさ出すもクビ差先着「能力はすごいものがあるが…」

1/10(水) 20:55配信

東スポWeb

【京成杯(日曜=14日、中山芝内2000メートル)注目馬10日最終追い切り:美浦】ジェネラーレウーノ(写真手前)は南ウッドで同厩の3歳未勝利を4馬身追走。少しずつ前との差を詰め、4角で内に潜り込むとあっという間に2馬身リード。しかし、そこから「遊んでしまう」(矢野調教師)悪癖を出すとペースダウン。最後はクビ差のリードを保ってゴールしたが、気難しさは相変わらずだ(4ハロン51・5―37・3―12・9秒)。

 矢野調教師「不思議な馬。能力はすごいものがあるんですが、変に余裕があり過ぎるんでしょうね。今回はチークピーシーズを着けますが、それが実戦でいいほうに出れば…」

最終更新:1/10(水) 20:55
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ