ここから本文です

Little Glee Monster、メンバー考案チョコや歌でバレンタインを盛り上げる

1/10(水) 16:05配信

音楽ナタリー

Little Glee Monsterが高島屋のバレンタインフェア「アムール・デュ・ショコラ」とコラボレーションすることが決定。本日1月10日に東京・麻布迎賓館で行われたプレス向け発表会に出席した。

【写真】Little Glee Monster(他9枚)

「アムール・デュ・ショコラ」は全国の高島屋の対象店舗でバレンタインの時期に展開されるチョコレートの祭典。今回のコラボに際し高島屋ではリトグリの新曲「Gift」をキャンペーンソングとして各店の館内やイベントの会場内で使用するほか、メンバーが監修したオリジナルショコラの販売や、彼女たちの等身大パネルの展示を行う。このうち東京・新宿高島屋では1月25日から2月14日までリトグリとのコラボカフェをオープン。このカフェではメンバーが監修したフォンダンショコラが提供される。

プレス向け発表会でステージに姿を現したリトグリはアカペラによる自己紹介を経て、キャンペーンソング「Gift」を歌唱。同曲は1月17日にリリースされるリトグリの3rdアルバム「juice」に収められており、芹奈は楽曲について「恋心をチョコに例えたり、かわいらしい表現をしている曲になっているので(イベントに)ぴったりだなと思います」とにこやかに語った。

かれんは今回のコラボについて「女の子ってホントにチョコが好きだと思う。自分へのご褒美としてお高いチョコを買う方も増えてると思うので、コラボができてうれしい」とコメントし、manakaは「メンバーみんなチョコレートが大好きで、試食をしながらチョコレートを作ったり、デザインを一緒に考えさせていただいたりするのは初めてだったので、すごくいい経験になったと思います。めっちゃ楽しかったです」と振り返った。またアサヒは「2種類あってどの年代の方にも手にとりやすいデザインになってます」と監修したショコラを堂々とアピール。そのほかバレンタインのエピソードについて、かれんはガトーショコラを作ったこと、MAYUは生チョコを作ったことなどをそれぞれ挙げた。

昨年初出場を果たした「NHK紅白歌合戦」に質問が及ぶと、manakaは「2017年最後まで歌えるのがすごくうれしくて、一番最後のステージでやりきれたので悔いはない」と語る。続けて紅白でのパフォーマンスの点数を問われると、「今年も紅白に出れるように、50点にしておきます!」と意欲を示した。さらに紅白での印象的な出来事について「Perfumeさんが幕が開く前に声をかけてくださって、緊張が和らぎました」と明かし、この発表会は締めくくられた。

なお彼女たちが監修したオリジナルショコラは「ラズベリー&ビター」と「ブルーベリー&ビター」の計2種類で、それぞれがオリジナル缶バッジと共に限定BOXに収められる。このBOXにはリトグリの直筆色紙と交換ができる応募ハガキがランダムで封入される。

最終更新:1/10(水) 16:05
音楽ナタリー