ここから本文です

Razer、Androidスマホ「Razer Phone」用のノートPC型ドック

1/10(水) 13:53配信

Impress Watch

 Razerは9日(米国時間)、「CES 2018」にて、ノートPC型Androidスマートフォンドックというコンセプト製品「Project Linda」を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Snapdragon 835を搭載した5.72型Androidスマートフォン「Razer Phone」と組み合わせて使うデバイスで、13.3型QHD(おそらくRazer Phoneと同じ2,560×1,440ドット)のタッチ対応120Hz駆動液晶ディスプレイと、Razer Chroma対応バックライト内蔵のキーボードを搭載したノートPC型ドックステーションとなっている。

 Razer Phoneと組み合わせることで、Snapdragon 835と8GBメモリ搭載のAndroidノートPCとして利用でき、ゲーム環境と生産性の向上を実現するとしている。

 53.6Whのバッテリを備えるほか、200GBのストレージ、ステレオミニジャック、USB Type-A、充電用USB Type-C、720p Webカメラ、デュアルアレイマイクなども搭載する。

 タッチパッド部にRazer Phoneをドッキングでき、装着後のRazer Phoneはタッチパッドとして利用するほか、セカンダリディスプレイとしても利用できるという。

 筐体はアルミ製で、厚みは15mm。重量はRazer Phone搭載時で1.25kg。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:1/11(木) 12:52
Impress Watch