ここから本文です

白鵬「いよいよ」 3横綱奉納土俵入り

1/10(水) 7:55配信

産経新聞

 大相撲の白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱が9日、東京・明治神宮で初場所(14日初日、両国国技館)を前に新春恒例の奉納土俵入りを行った。元横綱日馬富士が十両貴ノ岩への暴行事件を起こし、昨年11月に引責引退して3横綱となってからそろい踏みは初めて。晴天に恵まれたが、観衆は昨年より1400人少ない2800人だった。

 41度目の優勝を目指す白鵬は「いよいよ1年が始まったなという気持ち」と感慨深げ。全休明けで出場すれば進退がかかる鶴竜は「今のところ順調に来ている」と調整に自信を示した。白鵬と鶴竜は暴行事件の現場に同席し、日本相撲協会から減俸処分を受けている。

 4場所連続休場中でけがからの復活を目指す稀勢の里は「いい準備をして本場所に臨みたい」と意気込みを語った。

 昨年12月の冬巡業中に10代の若手行司に対してセクハラ行為を行った式守伊之助は参加せず、立行司不在だった。

最終更新:1/10(水) 8:34
産経新聞