ここから本文です

10K以上の3D映像を撮影できるVRカメラと3次元ライトフィールドカメラ

1/10(水) 14:23配信

Impress Watch

 360度カメラの「Insta360シリーズ」を手がけるArashi Visionは、米ラスベガスで現地時間の9日に開幕したCES 2018において、8個のレンズを搭載し、3D映像を10K以上の解像度で撮影できるプロ用VRカメラと、6DOF(3次元)ライトフィールドカメラのプロトタイプを発表した。どちらも名称は未定。プロ用VRカメラの価格は約12,000ドル。仕様や発売日は後日発表される予定。Insta360シリーズの国内代表代理店はハコスコ。

【この記事に関する別の画像を見る】

■プロ用VRカメラ

 全天球の3D映像を、10K以上の解像度で撮影できるカメラ。「トップVRクリエイターのニーズに対応」するスペックだという。

 4/3のイメージセンサを備え、豊かなダイナミックレンジで、低照度環境でも鮮明でノイズのない撮影が可能という。

■6DOF(3次元)ライトフィールドカメラ

 ライトフィールドカメラの新しいプロトタイプを出展。長方形のグリッドアレイに、た128個のカメラを配置。3次元(6DOF)の180度映像を撮影できる。視聴者は鑑賞時に6方向(上下、左右、前後)に動くことができ、異なる角度からの映像が楽しめる。

 128のカメラアレイを使い、映像内のあらゆるポイントで光の強さと方向の両方を詳細に表現。プロトタイプは、6方向すべてで、約50cmの範囲内での自由な動きを可能にする。

 なお、プロトタイプは180度のビデオを記録できるが、技術は的には360度のキャプチャにも適用可能。「この技術を用いることで、クリエイターは極めて現実的な映像空間を撮影できるようになり、視聴者はその映像内を自由に探検出来るようになるという、これまでにないまったく新しいレベルの没入感を実現できる」とする。

 この技術を組み込んだ製品に関する情報は、後日発表予定。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:1/10(水) 14:23
Impress Watch